読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YZF R25とCB400SF、買っちゃいました!

YZF-R25からCB400に乗り換えました◎

東京、大阪間を走ってみて必要だと思ったもの5選

 

先週末の大阪〜東京ソロツーからはやくも一週間が過ぎようとしています

非常に楽しかったのですが、初めての長距離という事もあり体の方は相当疲れていました

 

多分リュックを背負っていったのが良くなかったんでしょうね、背中がバッキバキでようやく良くなってきました笑

 

ymdk.hatenablog.jp

 

そこそこ時間もたって、だいぶ冷静になってきたので大阪から東京位までの距離をバイクで移動するときにあった方が良いものをまとめてみようと思います!

またロングツーリングをする時に今回と同じ失敗をするのは嫌ですからね笑

※あくまで僕が要るなと感じたものたちですので、あしからず

 

 

1.シートバッグ

 

今回最大の失敗はリュックサックを背負っていった事です

実家に泊まるので荷物は最小限(iPad、Tシャツ、下着一式くらい)でしたが、背中がかなり痛くなりました…

 

一時的な痛みなのでそこまで気になりませんが体には結構な負担になっているはず

リュックを背負ってのロング高速ツーリングはお勧めしません

あんな思いをするくらいなら荷物は事前に宅配便で送ったほうがマシだと思うくらいにはキツいです…笑

 

そこで僕はおとなしくシートバッグを用意することにしました!

 

今はいろんなタイプのシートバッグがあるようですが、R25などのスポーツタイプにはこのくらいスリムなタイプが良さそうですね〜!

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) シートバッグ DH-707 カラー:ブラック 92613

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) シートバッグ DH-707 カラー:ブラック 92613

 

 

 

お次は容量重視のこちら

これは容量が多そうでとてもいいんですがちょっと大きすぎる気もするんですよね…

タナックス(TANAX)モトフィズ キャンピングシートバッグ2 /ブラック MFK-102 可変容量59-75?

タナックス(TANAX)モトフィズ キャンピングシートバッグ2 /ブラック MFK-102 可変容量59-75?

 

 

 

これはスリムですが容量を大きくする事ができるそうなのでなかなか便利そう!

 

  

うーん、でもいろいろ考えると悩ましいです…

最悪、ホムセン箱もアリだと思っているのでどうするかは今後要検討ですね!

 

2.スロットルアシスト

 

色々な呼び方があるようですが、とりあえずこれは欲しい!

何かというとアクセルを握らず手のひらで操作できるようになるという物です

 

握りっぱなしでは非常につかれます…

特にR25さんのように250ccだと結構アクセルを開けないと速度維持が厳しいのでなかなかのダメージなんですよね

値段もお手頃なようなので一つ用意していて損は無いでしょう!

 

MADMAX 汎用 スロットルアシスト ブラック【MADMAX】(バイク用品/バイクパーツ) MM05-0116B

MADMAX 汎用 スロットルアシスト ブラック【MADMAX】(バイク用品/バイクパーツ) MM05-0116B

 

 

 

3.カイロ

 

冬の高速道路を完全に舐めていました

1月の温泉ソロツーはめちゃめちゃ暖かったのですが(下記記事)今回はかなり寒かったので正直途中何回か引き返そうと思いました…笑

 

 

走行距離が200kmを超えたあたりでランナーズハイになり結局最後まで走りましたが、手足はキンキンに冷えていましたのでカイロは必須かと思われます

足用のカイロもあるようなのでこれは使わない手はないですね! 

 

ホッカイロ くつ下用 15足入

ホッカイロ くつ下用 15足入

 

 

 

4.ガムorフリスクなど

 

高速はひたすら単調な道が続くので少し油断すると意外に眠くなる瞬間があります

今思えばまぶたが重くなった瞬間が何度かあったので、用心するに越したことはありません

ベタではありますがスースーするガムで眠気覚ましすると予想以上に効果的でした!

味がなくなったら休憩するなどタイムキーパー的役割も果たしてくれましたよ^ ^

 

 

5.こまめな休憩

 

何よりもまずはこれでしょう

長く乗るときは特に休憩に気をつけたほうが良いことを身を以て実感しました

 

スタートからしばらくは走りっぱなしでしたが、疲れが一気に出て大変でした

帰りはその教訓を生かしてこまめに休息を取りながら(100km or 1時間に一回)行ってみたところ疲れ方が桁違いに改善されました

 

自分が思っている以上に負担がかかっているので、そのことを忘れないように走りたいですね!

 

6.まとめ

 

以上が実際に走ってみて感じたことです

一度やってみたくてやったわけですが、上にあげたことを徹底すれば意外と250ccでも片道500kmくらいなら軽く走れそうな気がします!

 

装備を整えて、今度は春にでもまた東京へ行ってみようと思っています^^

 

広告を非表示にする